スポンサーサイト

  • 2014.07.11 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    下請けの労働者の環境が重要でしょうが!

    • 2014.05.07 Wednesday
    • 11:01
     5月4日付MSN産経ニュースの記事http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140504/dst14050412000001-n1.htm。トラブルが頻発する福島第一原発廃炉作業で、トラブルの原因として指摘された作業員の住環境の改善が進められているという内容だが、現場作業に従事する労働者は下請けがほとんど。にもかかわらず、この記事で下請けについて言及した場所は下記のみ。

    以下引用

     福島第1原発では、東電社員のほか協力企業の作業員も多く従事する。原発構内での作業環境は東電が社員と同様に職場環境を整えるが、職場を離れた衣食住は個々の協力企業に委ねられている。協力企業の作業員の住環境はそれぞれの企業によって、民宿を借り上げたり、ホテルに住んだりとさまざまで、作業員はここから日々、福島第1に通勤することになる。

    引用終わり

     この後、東電社員の住環境改善についての記事が延々続く。東電社員の住環境改善がいらないとは言わないが、下請け労働者について掘り下げなければ、報道としてあんまり意味がないと思う。ちゃんと取材してほしい。

    スポンサーサイト

    • 2014.07.11 Friday
    • 11:01
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      センター案内

      • 『会社を突然解雇されてしまった!!』
      • 『セクハラ・パワハラで苦しんでいるけど、どこに相談すればいいの?』
      • 『たくさん残業をしているのに、残業代が支払われない!!』
      • 『長時間の残業の末、心身に不調をきたしてしまったのに、会社は何もしてくれない・・・』

      昨今の、厳しい経済状況の中、こんな声はたくさんあると思います。ですが、一人で抱え込んでしまったり、泣き寝入りする必要はまったくありません。

      『きょうと労働相談まどくち』では、上記のような事柄についてのご相談を受け付けております。
      help@kyoto-workers.org宛にメールいただくか、075−691−6191にお電話ください。
      *電話の場合は毎週水曜日の13時〜19時が「きょうとユニオン」の労働相談日となっております。また、それ以外の時間帯でもスタッフがいる場合は対応いたします。 ご相談は無料・秘密厳守でお受けしますので、一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。

      なお、本サイトはボランティアの有志による運営となっておりますので、返答には数日かかることもございますが、ご了承ください。

      ご相談の流れ、設立の趣旨など『きょうと労働相談まどぐち』の詳細については公式サイトをご参照ください。

      selected entries

      categories

      archives

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM