スポンサーサイト

  • 2014.07.11 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【告知】連続学習会のお知らせ 第4回 若者がたたかうとき―フリーター・ニート・ひきこもり問題の現状と課題―

    • 2012.02.06 Monday
    • 14:35
     (転送転載歓迎)
    -----------------------------------------------
    ●きょうと労働相談まどぐち連続学習会●

    第4回 JUGEMテーマ:労働問題




    ■日時 2012年 2月19日(日)14時〜17時
    ■場所 キャンパスプラザ京都 第2会議室
    http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?frmId=585

    ■講師 肥下 彰男さん(西成高校教員)
         橋口 昌治さん(ユニオンぼちぼち・立命館大学衣笠研究機構)
         伊田 広行さん(ユニオンぼちぼち・立命館大学非常勤講師)

    ■費用 500円
    ■主催・問い合わせ先 きょうと労働相談まどぐち
    URL: http://kyoto-workers.jugem.jp/
    E-mail: info@kyoto-workers.org
    phone: 075-691-6191

    ■きょうと労働相談まどぐち連続学習会
    第1回「働くことと心の苦しさ―精神疾患・精神障害の労災実務の現状と課題」(済)
    第2回「多文化共生にとって何が課題なのか―京都市東九条の話から」(済)
    第3回「野宿をするということ―野宿者問題の現状と課題」(済)
    第4回 本学習会
    -----------------------------------------------

    スポンサーサイト

    • 2014.07.11 Friday
    • 14:35
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      センター案内

      • 『会社を突然解雇されてしまった!!』
      • 『セクハラ・パワハラで苦しんでいるけど、どこに相談すればいいの?』
      • 『たくさん残業をしているのに、残業代が支払われない!!』
      • 『長時間の残業の末、心身に不調をきたしてしまったのに、会社は何もしてくれない・・・』

      昨今の、厳しい経済状況の中、こんな声はたくさんあると思います。ですが、一人で抱え込んでしまったり、泣き寝入りする必要はまったくありません。

      『きょうと労働相談まどくち』では、上記のような事柄についてのご相談を受け付けております。
      help@kyoto-workers.org宛にメールいただくか、075−691−6191にお電話ください。
      *電話の場合は毎週水曜日の13時〜19時が「きょうとユニオン」の労働相談日となっております。また、それ以外の時間帯でもスタッフがいる場合は対応いたします。 ご相談は無料・秘密厳守でお受けしますので、一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。

      なお、本サイトはボランティアの有志による運営となっておりますので、返答には数日かかることもございますが、ご了承ください。

      ご相談の流れ、設立の趣旨など『きょうと労働相談まどぐち』の詳細については公式サイトをご参照ください。

      selected entries

      categories

      archives

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM