スポンサーサイト

  • 2014.07.11 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    労働法がいろいろ変っています(1)

    • 2013.02.25 Monday
    • 13:16
     法律がいろいろと変わっています。相談スタッフも追っかけて行くのが大変です。どのようなことが役に立って、どのようなことに気を付けないといけないのか、知ってないと損する改正法。これからぼちぼち、どの法律がどう変わったのか、詳しく解説していきたいと思います。
    変わった法律 
      労働契約法 
    ・有期雇用の無期契約への転換(改正法18条) 
    ・雇止め法理の法定化(改正法19条) 
    ・不合理な労働条件の禁止(改正法20条) 
      労働者派遣法 
    ・目的に「派遣労働者の保護等」がはいった(法律名および第1条)
      ・マージン率の公開(23条5項)
      ・労働者派遣契約の解除に当たって派遣先が講ずべき措置(29条の2) 
    ・1年を超えて働く派遣労働者の希望に応じて、派遣元が講ずべき雇用安定措置(30条) 
    ・30日以内の派遣は禁止(35条の3)
      ・退職した会社で1年以内に派遣として受け入れてはいけない(35条の4、40条の9) 
    ・特定の違反事例につき、派遣先が派遣労働者に直接雇用を申し込んだとみなす(みなし雇用)(40条の6ないし8) 
      高年齢者雇用安定法 
      などなど、使えない規定、無理から使える規定、わけのわからん規定てんこ盛りです。

    スポンサーサイト

    • 2014.07.11 Friday
    • 13:16
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      センター案内

      • 『会社を突然解雇されてしまった!!』
      • 『セクハラ・パワハラで苦しんでいるけど、どこに相談すればいいの?』
      • 『たくさん残業をしているのに、残業代が支払われない!!』
      • 『長時間の残業の末、心身に不調をきたしてしまったのに、会社は何もしてくれない・・・』

      昨今の、厳しい経済状況の中、こんな声はたくさんあると思います。ですが、一人で抱え込んでしまったり、泣き寝入りする必要はまったくありません。

      『きょうと労働相談まどくち』では、上記のような事柄についてのご相談を受け付けております。
      help@kyoto-workers.org宛にメールいただくか、075−691−6191にお電話ください。
      *電話の場合は毎週水曜日の13時〜19時が「きょうとユニオン」の労働相談日となっております。また、それ以外の時間帯でもスタッフがいる場合は対応いたします。 ご相談は無料・秘密厳守でお受けしますので、一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。

      なお、本サイトはボランティアの有志による運営となっておりますので、返答には数日かかることもございますが、ご了承ください。

      ご相談の流れ、設立の趣旨など『きょうと労働相談まどぐち』の詳細については公式サイトをご参照ください。

      selected entries

      categories

      archives

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM