スポンサーサイト

  • 2014.07.11 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    精神障害者の雇用

    • 2013.08.19 Monday
    • 10:41
    まだまだ、障害者雇用が可能な職場環境を整えることよりも、罰金を払っとけばいいという企業が多い中で、このような紹介記事は重要だと思います。

    以下引用

    ---
    【中日新聞】暮らし・健康 > 暮らし一覧 - 2013.8.16
    <精神障害者の雇用を考える>(上) 職場の理解で可能性広がる
    http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2013081602000003.html

     「障害者雇用促進法」の改正で、障害者雇用のニーズが高まっている。千葉県
    では、人材派遣会社で就業体験をした障害者を企業につなぐ、きめ細かな支援が
    成果を挙げている。だが、企業で働く障害者の実雇用率は1・69%にすぎず、
    障害への理解や担当業務の創出など、企業にとって壁は大きい。
     金属部品メーカー、日立粉末冶金(やきん)(千葉県松戸市)の人事総務部。
    割貝(わりがい)壮一郎さん(24)がパソコンで、永年勤続表彰社員の名簿を
    確認していた。割貝さんは幻聴や幻覚などの症状に悩まされ、大学を中退。統合
    失調症と診断され、2年前に精神障害者保健福祉手帳(二級)を取得。病気を公
    表して就職活動を始めた。
     昨年8月、千葉県の障害者就業体験雇用促進事業を受託する人材派遣のパソナ
    (東京)の研修生となった。障害者雇用に配慮したパソナグループの特例子会社、
    パソナハートフル(東京)でビジネスマナーなどの基礎知識を学び、印刷や発送
    などの仕事も体験。昨秋から日立粉末冶金で働き始め、今年2月に契約社員となっ
    た。
     週5日、一日約8時間勤務。当初は郵便物の仕分けなど単純作業をしていたが、
    今ではパソコン業務も任され、着実にスキルアップ。一日3回の服薬と月3回の
    通院をしつつ、欠勤することなく、同県柏市から約40分かけて通勤する。「学
    生時代より生活が規則正しくなり、体調もいい」と社会復帰がプラスに働いた。
     職場の先輩でサポート役の奥野宏平さん(26)は「幻聴の症状が出ても、状
    況を伝えてくれる。仕事に支障はない」と話す。上手に休憩しながら、得意のパ
    ソコン作業をする割貝さんの仕事ぶりに、「想像以上」と周囲の評価は高い。
         ◇
     同社は約30年前から身体障害者を中心に、障害者を雇用してきた。だがここ
    数年、法改正も見据え、大企業を中心に障害者雇用を検討する企業が増え、ハロー
    ワークでも希望する人材を確保できない状況に直面。そこで初めて精神障害者の
    雇用を検討し、パソナハートフルで精神障害者の仕事ぶりを見学、採用を決めた。
     人事総務部の横沢孝弘部長代理(44)は「うつや統合失調症の病名は知って
    いても、障害の程度で働けることすら知らなかった。実際に働く姿を見るのが、
    理解を助ける近道になる」。
     千葉県では障害者全体の就職率が30%程度だったが、パソナとの事業では
    2011年度が66%、昨年度が83%、本年度も80%以上の就職率を見込む。
    同県の担当者は「障害者を就職につなげ、定着させるには地道な支援が必要。地
    域の支援機関とも協力しながら進めたい」と話す。

    以下略
    JUGEMテーマ:労働問題


    スポンサーサイト

    • 2014.07.11 Friday
    • 10:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      障害者 に関する最新情報
      • 知識陣 健康
      • 2013/08/23 5:56 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      センター案内

      • 『会社を突然解雇されてしまった!!』
      • 『セクハラ・パワハラで苦しんでいるけど、どこに相談すればいいの?』
      • 『たくさん残業をしているのに、残業代が支払われない!!』
      • 『長時間の残業の末、心身に不調をきたしてしまったのに、会社は何もしてくれない・・・』

      昨今の、厳しい経済状況の中、こんな声はたくさんあると思います。ですが、一人で抱え込んでしまったり、泣き寝入りする必要はまったくありません。

      『きょうと労働相談まどくち』では、上記のような事柄についてのご相談を受け付けております。
      help@kyoto-workers.org宛にメールいただくか、075−691−6191にお電話ください。
      *電話の場合は毎週水曜日の13時〜19時が「きょうとユニオン」の労働相談日となっております。また、それ以外の時間帯でもスタッフがいる場合は対応いたします。 ご相談は無料・秘密厳守でお受けしますので、一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。

      なお、本サイトはボランティアの有志による運営となっておりますので、返答には数日かかることもございますが、ご了承ください。

      ご相談の流れ、設立の趣旨など『きょうと労働相談まどぐち』の詳細については公式サイトをご参照ください。

      selected entries

      categories

      archives

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM